セカンドライフでのクリエイティブ活動と日常の記録。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by すん at --/--/-- --:-- | Top▲

これからのセカンドライフに期待


何でここまで一気にチュートリアル書いたかというと、一種のけじめですかね。

自分の学んできたスカルプの知識と技術は、これからセカンドライフを
もっともっとよくしていくためには必要不可欠だと思ったし、
何より現実世界のコピーが蔓延するような仮想世界にはなってほしくないと。

コピーやパクリはまあそこまで悪いことだとは思っていません。
でも、そこで止まって欲しくない。クリエイターの人にはその先にある
オリジナリティを見出してほしいんです。

技術を販売することは決して悪いことではないし、必要なものは買ってでも欲しいくらい。
スカルプ製の建材や、マネキンとか、後はパーツ類ですね。
自分が所属するぬこまにあでは、現在生首もといhair mannequinが商品になってますが
blenderでシュリンクラップしたものをちょっとフォトショップで点の位置なおして
アナザースキンから影だけ抜いたものをテクスチャーとしてはっつけて販売してます。
個人的には簡単に作れたので、別にフリーでもいいかと思ったんですが
うp代に悩まされ続けるので一応10L$の値段をつけて販売という形になっています。

技術は平等であってほしくて、その先にあるデザインという部分を
もっともっと学んで、自分にしか作れないものをどんどん生み出していきたい。
なので自分の知識は全てオープンにしていくつもりです。
分からないことはなんなりと聞いてください。そして一緒に悩みましょう。

使ってるソフトもshadeっていうSLではあまりクリエイターを見掛けないソフトですが
パッケージにはSecondLife対応ってでかでかと書いてあります。
普通に使ってたら全然いいものを作るには無理なソフトだけど、
こんなやり方がありますよ、綺麗にエクスポートできますよっていうのを
知ってほしかったんです。

インテリア業界ではよく使われてますね。
綺麗なパース書くには必須と言っても過言ではないくらい。
そっちの世界からもどんどん流れてこないかなーっていう
ちょっとした期待もあります(笑)

全ての人がモノを作って販売できるのがSLの魅力。
ただ、せっかくいいセンスを持った人たちが、技術の面で悩まされて
そのアイディアを生かせないのはもったいないことだと思います。

現実世界のコピーではなくて、違う国としての
セカンドライフになっていくように期待してます。
あんまり綺麗ごと並べてもしょーがないので、
自分の作りたいものを作っていきましょーってことですね。

明日から旅に出ます。さがさないでください><
見かけても石投げないでください><イタイイタイ(;つД`)

3/16~1ヶ月の間、日本を半周してきます。
日本に住んでるのに、全然いったこともないところが多くて、
行きたい場所がいっぱいあって、もう面倒だからまとめて全部行っちゃえ的な旅です。

最初にけじめって書いたのは、一区切りついてある程度まとまってきて
それをまとめずに旅に出て、後で書くのがめんどいと思っただけです。

それでは長くなりましたがこの辺で。
皆様、よきセカンドライフを楽しんでください。

いってきまーす( ´∀`)/~~


スポンサーサイト
Posted by すん at 2009/03/15 23:31 | トラックバック:1 | コメント:2 | Top▲

スカルプ作成メモ(目次)


セカンドライフでsculpted prim(スカルプ)を
作成できるツールはたくさーんあります。

主にshade10.5(現在)で作成するスカルプのための知識を
メモ代わりにあれこれ書いてある感じです。

今までいくつか書いてたんですが、まとめてみました。




◆01 shadeでのモデリングの仕方

    普通にモデリングするだけじゃダメなの?
    裏返るんですけど?
    変なところで収束する(つД`)

◆02 shadeのエクスポーターの仕様と対策
    
    普通にエクスポートしたらなんかおかしいんですけど?
    きっちり作ったのに形が崩れる><
    
◆03 スカルプってどういう仕様?
 
    アスペクト比ってなんぞ?
    どういう基準で点の位置判断してるの?
    LODっておいしいの?

◆04 一番悩むスカルプのテクスチャー   

    綺麗に形作ったんですけど、shadeじゃテクスチャ出力できない\(^o^)/
    自力で画像ソフト使って書いてます><
    
◆05 blenderでテクスチャーを作っちゃおう

    細かく綺麗にテクスチャーを作るにはどうすればいいの?
    複雑すぎてSOMATOじゃテクスチャかけません><
    
とりあえずどんどん追加していく感じです。

Posted by すん at 2009/03/11 22:03 | トラックバック:1 | コメント:3 | Top▲

⑤blenderでテクスチャーを作っちゃおう


                                     ◆スカルプ作成メモ(目次)

この記事は前回の続きです。
④一番悩むスカルプのテクスチャー

とうとう鬼門のblenderがやってま い り ま し た。

何でshadeでスカルプ作ってんの?blender使えるならそっちでやればいいじゃん。
って言われがちなshade使いですが、好きなんですshadeが。・゚・(ノ∀`)・゚・。

インターフェイスはイラストレーターに似てるし、自由曲面による断面を
ちまちま作っていくモデリングの仕方が個人的にはあってるんです。

blenderはインターフェイスも独特だし、操作の仕方も分かりずらいし
何より全部英語。いんぐりっしゅですよいんぐりっしゅ。

留学してたくせにそんな英語でつまずいてどうします?って言われても
モデリングの専門用語なんて分かるわけないじゃんwww

まあもう慣れてしまったのである程度は分かるんですが、
初心者には厳しいですよね。何いじっていいかわからんし。

なによりそのままblender落としただけじゃ簡単にスカルプなんて作れません。
っていうところがもうねwさすがフリーソフト。フリーだから仕方ないかw

あと落とす時に保存するか聞いてくれないのが怖いw
間違えて×クリックした日には海岸線で泣いていることでしょう。

とまあblender批判は置いといて、スカルプ作るにはないと困るので
いいとこだけ使っていく感じでいきまっしょー。

005-17
出来上がりはこんな感じ。




まず、blenderまったく触ったことない!って方はこちらのチュートリアルが便利。
Blenderでスカルプテッド・プリム作成
Blenderで作成するスカルプのためのテクスチャ

毎回のごとくここを見ながらやってます。

現在のblenderのバージョンは2.48aなのでちょっと機能が増えてます。

基本的には一緒なので、blender本体とスクリプトを落として
使えるようにした状態になったら始めてください。


それではちょっと気合を入れてから挑みましょう。

続きを読む
Posted by すん at 2009/03/11 21:58 | トラックバック:0 | コメント:2 | Top▲

④一番悩むスカルプのテクスチャー


                                     ◆スカルプ作成メモ(目次)

さて、今回の記事はテクスチャーですね。
主にこのことが一番書きたかったんですよー。
他のはなんか勢いでまとめちゃったかんじ。

shade使ってると、テクスチャを出力してくれないのでほんとに困ります。
画像ソフトで頑張って書いて貼って手直ししてってやってると、
時間も相当とられるし完成度もそんなに高くないんです。

3Dペイント系のツールは何種類かあると思いますが、最初はコレ
3D-coatですね。有料となってますが、1万ちょいだったと思います。
体験版落として遊んでたんですが、綺麗なテクスチャーが簡単にかけそう。

3D-coatはmooさんが使用感や使い方を書いているので、参考にするといいと思います。
外で遊べぃ!

あとはZ-brushですね、こちらは高価なのでタイトルだけ上げておきます。


今回は①SOMATO②blender、この2種類のソフトを比較して説明したいと思います。

①SOMATO&Photoshopでテクスチャのみ作成
004-05
※影は合成です

うん、簡単綺麗ってのは納得。

②blenderでテクスチャのみ作成

005-17
※影は合成です

綺麗に出来るもんだねー。
photoshopの加工が全然ない分こっちのが楽かも。

それでは作成に入っていきましょう。

続きを読む
Posted by すん at 2009/03/11 16:35 | トラックバック:0 | コメント:0 | Top▲

③スカルプってどういう仕様?


                                     ◆スカルプ作成メモ(目次)

さて、それでは3回目となりました。スカルプの仕様についてですね。

まだまだ分からない部分もあったりするので、参考程度にしておいてください。

003-01
003-02
003-03
003-04

上から順番に、LOD3、2、1、0といった感じで点が減り形が崩れていくのが分かりますでしょうか。

まずはこのLOD(Level of detail)から説明していきたいと思います。

続きを読む
Posted by すん at 2009/03/10 19:25 | トラックバック:0 | コメント:0 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。